« レッドクリフ part1 | トップページ | とらドラ! (10) »

機動戦士ガンダム vs ガンダム

機動戦士ガンダム vs ガンダム PSP
 バンダイナムコゲームズ
 購入日; 2008/11/19
 Amazonで買う

アーケードで稼働中のゲームの移植。
連邦vsジオンのシリーズの最新作。これまでの家庭用はずっとPS2で出ていました。Zガンダムの時は通信対アーケード戦に対応。しかし、SEEDを描いた連合vsザフト以降は通信機能を排除。そしてPS2で出ているものの一つ前の作品を使ってPSP化した連合vsザフトPORTABLEに続いて本作品に。

協力や対戦をするにあたって、一人が自分の画面を占有できるPSPはなるほど良いハードです。と、同時に非常に阿漕な戦略も感じることが出来ます。
MonsterHunterPortableのヒットから始まったCapcomのPSP戦略でしょうけれど、これのその延長線上にあります。
PSPの対戦プレイは基本的に友人同士の対面プレイが基本。

Xbox360などの通信対戦とは異なります。従って知らない強い人と戦いたいという欲求は満たすことが出来ません。自然 対戦を求めるアーケードの収益にはダメージを与えないものになります。
固定機のハードでは人が集まってプレイする際にソフトが一本あれば良いですが、このゲームは一人一本ないと遊ぶことが出来ない。みんながやっている中、参加できない疎外感を煽る構図。よくできていますね。

さて、ゲーム本編の方はというと メディアインストールのおかげで非常に快適。このために折角8GBものMemoryStickProDuoを用意したというのにたったの84MBで良い始末。もっと大容量でインストールして良いからもっと快適にしてください。まぁ 現状でも十分に不満はないのですけれどね。
ゲームの方であるのは アーケード、フリーバトル、通信プレイ、そしてギャラリーのみ。
アーケードの中に数ルートありますが、それだけです。これまでの家庭用であったオリジナルな要素が殆どない対戦や協力に特化した仕様。ハードがPSPであることを言い訳にした手抜き仕様と言われても文句は言えないですね。単体だけを目的にした場合は早く飽きが来てしまうかも。

難易度も慣れてくると、アルティメット以外はそこそこレベルの難易度。過去のゲームにあったようなゲーム設定を難易度をいじってあげると強くなっていくという感じがありません。全体的にぬる設定と言えば良いのでしょうか?

連合vsザフト IIでは難易度設定4では運が良くないとクリアできない自分ですが、本作だと初めて使う期待でも1発か、運が悪くても1ー2回のコンティニューでクリアできてしまいます。爽快感を味わうという意味では良いのでしょうか?
とりあえず、アーケードだとお金を払う以上あんまり変な期待を選ぶ気にはなれませんが これだと気軽に知らない機体を試せるのは良い感じですね。

今のところ
接近戦しか能が無いのに グフのような技の無いエクシア
武器の感想が楽しいストライクあたりが気に入りました。
Vも面白いのですが 体のパーツを飛ばして攻撃って あれは・・・・ ねぇ

|

« レッドクリフ part1 | トップページ | とらドラ! (10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34900/43209934

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム vs ガンダム:

« レッドクリフ part1 | トップページ | とらドラ! (10) »