« もふもふっ 珠枝さま! | トップページ | 機動戦士ガンダム vs ガンダム »

レッドクリフ part1

赤い崖やん という突っ込みはきっとお約束の類でしょう。
まぁ意訳なんでしょうね。字面だけ追えばよいと言うものでもなく。
とはいえ、日本版は『赤壁』で良かった様に思います。

ネタばれあるかもしれませんが、その意味では注意。
とりあえず、 赤壁はなんと 80万相手に呉軍が勝つんだぜ!!
 なんというネタバレを(ぉ

さておいて、ジョン・ウーばかりが売りにされていますが、三国志の映画としてよく出来ていたと思います。
三国志マニアからしても納得の出来ではありました。日本のプロモーションがジョン・ウーにばかりよっているので、どんなネタ映画に仕上がるか?と思っていたので その意味ではしっかりと仕上げてきた印象。トレイラーより本編の方が思いろかったなぁ。。。。本編中くどい位に曹操には名前が出ていましたが、他の魏の武将は皆無。でもクレジットには荀攸他多数の名がありましたので、しっかりと設定していたようです。
俳優もイメージを巧く抑えているかな。関羽や張飛の外見はイメージ通り、劉備もしっかりと耳の大きい人を選んでいました。意外だったのは周瑜。美形というよりはいい男という感じでした。美形の俳優が演じていたのは諸葛亮と孫権。まぁ 諸葛亮は金城武ですしね。孫権は結構おいしい役を持っていっていた印象。中村獅童は甘興 まんま というか、こいつは要りません。そもそもなんで甘寧モドキの架空の将軍なんかを入れているのか。程普や呂蒙あたりにやらせればいいのではないか? と。

映画として良かった点は、

・八卦の陣 ってあんな陣なんだ
・大軍の水軍が川面を埋めるとこうなるというのを絵面で理解できた。
・殺陣はさすが ジョン・ウー

という感じでしょうか。

殺陣に関しては本当にジョン・ウー。
とりあえず趙雲は化物ですが、常識レベルの化物です。雑兵から手傷を負い、弓で命を狙われる場面も有り。
関羽は異常。相手に槍で取り囲まれた状況ですらあっさりと回避。敵から槍を奪っては切り捨て、奪っては切り捨てと駆け抜けていきます。張飛は咆哮というか雷音って、こんな技なんだな・・・・という感じの雄たけびを上げて突貫。素手でぶちのめしていきます。二人揃って とりあえず化物というかね。
周瑜は、まぁ ごらんになると判りますが、あんた何してん? と思わず突っ込みを入れたくなります。見ていて思い出したのは三国志2  そういえば、勝手に一騎打ちを受けちゃう軍師様だったなぁ・・・と(遠い目)
気になった点は 孫権、周瑜、関羽などと互いに名前で呼び合っているところ。成人男子であれば、君主からの呼び名、或いは相手を馬鹿にする時以外は仲謀、公瑾、雲長と字名で呼び合う筈。というのが読んでいて気になったり。まぁ こんな所が気になるのは三国志マニア位でしょうか?

しかし孫尚香とかが出てきちゃうのは京劇のせいなのでしょうが、日本に住んでいるとついにハリウッドも真・三國無双に毒されたかとか思ってしまったり。
あと濡場は不要。子馬の名前の『萌萌』にもがっかりだ。

|

« もふもふっ 珠枝さま! | トップページ | 機動戦士ガンダム vs ガンダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34900/43025391

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ part1:

« もふもふっ 珠枝さま! | トップページ | 機動戦士ガンダム vs ガンダム »